入学したら-保護者の方へのお願い-

入学したら-保護者の方へのお願い-

 入学して小学校での生活をうまく送ることができるように、心の負担を持たせなくてもいいように保護者の方にはお願いしたいことが ある

 

1担任の悪口を子供の前で言わない

入学式・始業式から子供が帰ってきて、1番の関心事は担任の先生が誰なのかということではないでしょうか。今年の担任は当たりとか外れとかラインでは盛り上がってくると思います。(担任の知らない間に保護者のライングループができているらしいですね)子供にとって自分たちに接してくれる大人は保護者の方と担任だけ。原則ボールも上手に投げることができるし、字も上手だし、担任はクラスの人気者。その子にとってアイドル?なのです。悪口を聞けば、嫌いになります。嫌いな人の言うことを素直に聞くことができるでしょうか。

担任以外でも周りにいる友達や家族の悪口も子供の前では控えてください。

 

2他の人と比べない

懇談会で「姉はきちんと勉強するのに、どうしてこの子は何回言ってもやろうとしないのでしょうか」よくこのような話を聞きます。しかし、兄弟や友達と比べて子供はどう思うでしょうか。保護者は頑張ってほしいと言う思いから言っていると思いますが、それが重なれば劣等感につながります。自己肯定感が低くなれば、頑張ろうと言う気持ちも無くなってしまいます。ぜひ目の前の子供の頑張っているところ、優れているところを見つけて話してください。

 

3「頑張れ」と言わない

「頑張れ」と言われて、何を頑張ればいいのでしょうか。私たちは、何かあると「頑張れ!」と言ってしまいます。それで妙に納得してしまうのですが、これでは何も変わりません。「何を」「どのように」すればいいのか具体的に教えてあげることが大人の責任です。

 

この1、2、3に書いたことは、ついやってしまいがちなことです。しかし、少し大人が気をつけるだけで子供たちの自己肯定感を高めることにつながるはずです。