なんのための部活

なんのための部活

部活動の意義って?

部活動の意義はどこにあるのか。平成30年にだされたスポーツ庁の「運動部活動に関する総合的なガイドライン」によると、前文には「学校教育の一環」「教育的意義が大きい」などと書かれている。休日にも学校に呼び、練習をさせることに、教育的な意義があるのだろうか。

 

練習時間と勤務時間

「また平日の活動時間は長くても2時間程度、学校の休業日は3時間程度とし」

ここで問題となるのは、教育の一環と言いながら教員の勤務時間についての理解が全くなされていないこと。ある中学校の日課票をみれば、部活動の開始が16時10分からになっている。それに2時間部活動を行えば18時10分になってしまう。休日の部活動を認めていること。しかし、練習試合に行くことをかんがえれば3時間では終わらないし、大会になれば丸1日かかってしまう。

 

勝つための部活ではない。

 部活の意義から考えたとき、第1の目的は「勝つことではない」。しかし、本当にそうだろうか。運動の技能を高め、より良い人間関係を築くなら休日の練習の必要性はどこにあるのか。

 

教員なら安くできる。休日3時間で2700円

たまたま青森県の部活指導の手当てをみたら3時間で2700円とのこと。時給900円。本来なら時間外手当が必要なのに、その時間数換算は行われていない。

 

教員の善意で成り立っている

「子供のため」という言葉のために、教員が子供に関わって何でもするということが日本の文化のようである。学校の役割分担では部活が明確に位置づけられているのに、手当など考えるときには「教員の善意」つまり好きな教員が勝手にやっているという位置づけなのだろうか

新型コロナのために部活動が短縮されたり、大会が見直されたりするようになった。今まで当然だと思っていたことが、コロナによって立ち止まって考える機会を与えてくれたように思う。部活についてももう一度原点に戻って考える必要があるのではないだろうか。

 

小学校における教科担任制について

小学校における教科担任制について

 

 今日の新聞に小学校の教科担任制の話が載っていた。体育も教科担任となるとのこと。これが中学校のようにうまく機能するだろうか。実際に教員の数を増やさなければ、十分な効果をあげることはできない。

 文科省の考えることだから、制度を変えても人件費を増やすことはないだろう。その理由を考えていきたい。

 

今までの教科担任ではいけないのか

 今までも音楽や家庭科では教科担任でクラスの担任以外の教員が担当することがよくあった。男性教員の場合、音楽の授業は別の教員がやることが多い。また高学年では家庭科の授業も担任以外の教員が行った。そして4時間ほどではあったが、その時間は教材研究やノートの点検などの時間として使うことができた。

 

中学校とは違う

 中学校のように全教科を教科担任で行うこと小学校ではできないのか。まず子供の数に対する教員の数が違う。中学校の場合1日に2時間ほどの空き時間があった。しかし小学校の場合には1週間で2〜3時間の空きしかない。今まで空いている時間に他の学級授業をしなければいけないというのは負担が増えることになる

 

教科の教員が揃わない

 女性というだけで家庭科の専科になっている場合もある。小さな学校では全ての教科を高学年の教員で揃えることは無理である。そうなれば授業の質が上がることは期待できない。

 

次の年度はどの教科をもつのかわからない

 中学校のように教科で免許が決まっているわけではない。他の学校に異動すればその学校の事情によりどの教科をもつかわからない。自分も1度自分の担任している学級で家庭科を教えたことがある。その時は妻に聞きながら授業の準備をしたが、その年以外担当していない。

 

学級でのトラブルへの対応

 小学校でも喧嘩などのトラブルがある。その時に指導にあたるのが担任である。必要なら授業を変えて、指導することもある。しかし次に他の学級の授業があるなら指導は後まわしになってしまわないだろうか。

 

 教科担任制について、心配なことを書いてきた。そのような制度の変更ではなく、教員の数を増やすこと。このことが最優先ではないだろうか。1番の問題は学校が振り回されてしまうことである。

 

 

教員の恋愛観

教員の恋愛観

 

どこの学校の教員?

 職員室でこの頃聞かなくなったことの一つに「教員同士の結婚」がある。私たちの頃には「結婚する」と言うと「どこの学校の人」と聞かれたものである。特に60才以上の教員の場合教員同士の「恋愛結婚」「お見合い結婚」が多い。そのために、結婚が決まると「相手はどこの学校?」と聞くことが多かった。

 まず同じ学校でもゆっくり話す時間がない。平日は忙しいし、小学校は女性教員の多い職場である。男性教員からすれば、モーションをかけることも可能だとは思うのだが。女性教員からすれば、いつも姿を見ている分ときめきが感じられない。自分には娘が二人いるが、教員をしていない。教員を結婚相手として選ぶこともないだろう。

 自分の妻も教員をやっていた。妻が新任の時から教え方や困っていることの相談相手になっていた。また、逆に教材を作る手助けをしてもらったこともある。仕事が終わってから食事に行くこともあった。まず二人で話をする時間もあった。ただ仕事が辛くなり寿退社という道を選んだのだが。

 

時間が取れない

 互いに仕事に対して認め合っていたところもあった。しかし、現在の教員の人たちを見ていると愚痴が出てしまうのだろう。それ以上に勤務が終わってからゆっくり話をする時間もないようだ。日曜日もどちらかが学校で仕事。学期末になれば二人とも忙しくなる。

 

明日から夏休みだが。

 明日から夏休み。本来なら一息つくことができるはず。もちろん子どもが来ない、相手をしなくて済むということはある。しかし、これから不登校の子供の家庭に宿題と通知表を持って行ったり、給食費などの未納がある家庭に支払ってもらえるように連絡したりと、今までとは違う対応をしなければならない。

 

日本語教室での指導を通して

日本語教室での指導を通して

 

 もうすぐ夏休み。今まで以上に短く感じた。学校行事がほとんど延期か中止になり季節を感じることが少なくなった。特に運動会が9月に延期になってしまった。途中まで練習していたが、またやり直さなければ行けない。

 そのよう中でも外国にルーツをもつ子供たちに対して日本語指導を行ってきた。その中で感じたことを記していく。

 

3ヶ国語を使うことができる子

 昨年いじめを受け、語学指導員さんと一緒に支援を行った子供がいる。髪の毛や皮膚の色の違いで差別やいじめをしようとする子供がいるのはとても残念である。その子は母語とまだ十分ではないが日本語、そして英語を使うことができる。特に英語は韓国ドラマを英語の字幕で観ているとのこと。いじめている子供よりも将来的に伸びるはず。

 

宿題だけは同じ

 日本語教室に来る子供にも同じように宿題が出される。夏休みも高学年となればポスターや作文、読書感想文の宿題がある。1文書くのにも苦労している子供たちに書くことができるだろうか。作文など母語で書けばいいのにと意地悪く考えてしまう。

 ポスターや自由研究もしっかりと趣旨を説明すべきだと思う。一番良くないのは、宿題を出しておいて「やってこなくてもいい」とか「できる問題だけでいい」という言い方だろう。やってこなくていいなら宿題を出さなければいい。

 

外国にルーツをもつ子供に対して教師ができること

 なかなか担任も忙しいし、その子意外にも目を配らなければいけない子供がいることも分かる。なんとか言葉のハンディを埋める工夫ができないだろうか。例えば、国語以外の教科のテストにルビを付けるだけでもいい。忙しければ日本語教室の担当に依頼してくれればいい。

 

特に理解して知っておいてほしいのは「学校で習っていないことはわからない」ということである。このことについては日を改めて。

水泳指導の外部委託について2

水泳指導の外部委託について2

 昨日に続き、今回は学校での水泳指導にどのような問題があるのか人的な面から考えていきたい。 

 

子どもが死ぬ。

 毎年残念ながらプールの事故で子どもが死んでいます。そのためにプールが始まる前には、人工呼吸やAEDを使った訓練を全員参加で行います。教員の中にも子供を死なせてしまったというトラウマを抱えている人もいます。低い水温や外気が35度近くあるところから水の中に急に入ることで死亡につながることがあります。当然くどいくらいに健康観察を行っているのですが。 

 

人が足りない

 プールに子供を入れるにはクラス数+2名の教員が必要。その2名は子どもが事故に合わないように常に水面を見ている。そのために教頭が監視役になることもある。常に人が足りない中でのプール指導になる。3クラスの学年でも、実際に水の中に入って指導するのは2名くらい。安全管理が中心で水泳指導までは無理。

 

子どもは休めても担任は

 風邪などの体調不良なら子どもは休むことができる。しかし、担任は多少風邪をひいていても休むことはできない。特に低学年の教員は水に入って子供の指導をしなければならない。時には曇っていて水温が十分に上がっていなくても入らなければいけないこともあります。女性の教員の場合には、入ることができないような日でも入らなければなりません。(または、男性の教員に「今日は入ることができません」と言うことも。)

 

プール指導の本当の目標―子どもが死なないこと

 20年近くまでは平気で飛び込みをさせていました。それが飛び込みによる事故が発生してから飛び込みは行わないことになりました。泳いでいる間にも1時間に1回はプールサイドにあがらせて全員そろっているか確認します。また、少しでも水温が低ければプールには入りません。(自分の体を守るためにも)

 

教員全てが泳ぎが得意というわけではない。

 一部の教員を除いて、水泳が得意なわけではない。40年程前には教員採用試験の項目に25メートルを泳ぐというのがあった。何とか泳ぎ切ることはできたが、50m泳がなければ行けないのだったら他の県を受験していた可能性もある。口では泳ぐことができるような振りをする。5m程の距離なら見本を見せることもできる。(平泳ぎは無理)

 

水泳指導の外部委託について1

水泳指導の外部委託について1

 

  校内でプールがあるために、どれだけ教員に負担があるのか知ってほしい。プールに子供を入れる前から教員の仕事は始まっています。

 

5月プール掃除

   5月の中旬になるとプール掃除を行います。6年生は5時間目からデッキブラシでプールの壁面や床を磨いていきます。しかし、プール担当の教員は夜の10時くらいから水を抜いていきます。

   抜ききってしまうと泥がうまく排水溝に流れていきません。逆に水が残っていると何時まで経っても掃除が終わらないのです。そのため何度もプールに行き水の抜け具合を確認します。

 

水を入れる

   昼にプールに水を入れると周りの水道の水圧が下がってしまうために、深夜から朝にかけて給水をします。プールの給水用のバルブを開けるのは当然教員です。

 

プール掃除

   学校のプールは露天なので、木の葉や砂が入ります。夏休みに入ったくらいにプール掃除をします。大きな掃除機を使ってプールの底にあるごみを吸い出していきます。これも教員の仕事です。

 

いたずら

プールの周りにはフェンスがあり、その上には有刺鉄線が巻き付けてあり、勝手に入ることができないようになっています。それでもプールに入ろうとする人がいます。プールに入るだけでなく、プールサイドで飲んだり、食べたり。ガラス瓶が投げ入れられたこともあり、最悪水を入れ替えるということもありました。

 

消毒

   以前は腰洗い槽というのがあり、そこに入ってからプールに入りました。今でもプールに消毒を入れるのは教員の仕事です。塩素剤を薄めて使うのですが、服に付くと色が抜けます。薬液が付いたまま服に触るだけでも色が抜けてしまう。気を付けていても3年に1度くらいはポロシャツが使い物にならなくなります。

 プールは6月から7月までの2ヶ月しか使いません。しかし、そのためにどれだけ教員の手間が増えているのかと言うことを考えていただけるとありがたいです。さらに事故が発生すれば、これも全て教員の責任になってしまうのです。

 

パソコン事始め

パソコン事始め

 今日は今から35年ほど前のパソコン事情について今日はお話ししたい。

 

BASIC

今はWindows10である。35年ほど昔はMS-DOS。BASICと呼ばれるプログラミング言語があり、よくパソコン雑誌にはプログラムが載っていた。まだメールなどは一般的ではなかったので、プログラムをひたすら打ち込んで遊んだ。簡単な統計処理ぐらいだったら自分でプログラムを組むこともできた。

 

フォートランとコボル

それ以前はフォートランというOSが主流だった。分厚いパンチカードを持って情報処理室に行く先輩の姿がかっこよく見えた。今では全く考えられない。

次にワープロソフトが出てくる。しかし、スイッチを入れればすぐに使える専用機の需要が高かった。

 

データの保存はテープレコーダー

データの保存はテープレコーダーを使っていたこともある。ハードディスクが出てくるまではフロッピーディスクが中心。その頃は本体、ディスプレイ、プリンターと車でなければ運ぶことができなかった。

 

ラップトップ

次にノートタイプのパソコンが登場する。まだ画面は白黒の液晶画面

パソコンでワープロが使えるようになる。その頃は一太郎というソフトが幅を利かせていた。使い勝手はよかったのだが、いつの間にかワードに代わられてしまった。25年ほど前には一太郎とワードを選ぶことができた。しかし、いつの間にかワードしかプリインストールされなくなった。それでもしばらくの間は一太郎を購入してインストールしていた。

 

使えるようになるまで1日

 さらに新しくパソコンを購入すると、いろいろと設定しているだけで丸1日かかってしまった。その分、購入した時にどのように設定したら良いか丁寧に説明されていた。

 

テレホーダイ

 インターネットも普及し始めた。しかし、電話回線を使っていたのでアクセスポイントまでの電話代がかかる。あの頃は11時過ぎると安くなる。しかし、急に通信速度が遅くなる。繋げて、できるだけ早く切るようにしていた。

 現在とは隔世の感がある。