家庭訪問について

家庭訪問について

 

 わたしの勤めている小学校でも家庭訪問が始まった。コロナや働き改革の影響なのか大きくやり方が変わった。まず特に相談することがなければ、家の確認だけになった。保護者が家にいる必要はない。時間はかかるが実際に保護者と話ができるのは5分程度。教員にとっても、まだまだ一人一人の子供たちの様子が掴めていない段階で「うちの子どうでしょう」などと質問だれても適当に「学年が上がって頑張っていますよ」くらいしか話すことがない。

 

家庭訪問の思い出 湯茶について

家庭訪問ではお茶やお菓子は断ることになっている。これは保護者に負担にならないようにと思っているかもしれないが、本当は違う。教員のためである。特に困るのが、子供が熱いお茶やコーヒーを淹れてくれた時。断るわけにもいかず、喋ることもなくなる。しかし熱くて飲めない。

冷たいジュースならまだいいが、それでもトイレのことが心配になる。一応どこに公衆トイレがあるのか確認して家庭訪問に出かける。しかし、途中でトイレに行くことになると時間かかってしまう。

一番良いのは、何も出さないこと。場所は玄関先で十分。

 

家が分からない

今と違ってナビもなければ携帯もない。今ならナビに住所を入れれば、勝手に子供の家まで誘導してくれる。携帯があれば、家に近くまできた時に連絡を入れて玄関先まで出て待っていてもらったり、遅れそうなときは、連絡を入れたりすることもできる。教員になって15年ほどはどちらも一般的でなく持っていなかった。

ナビがなかったので、住宅地図を見ながら家の場所を確認した。携帯がないときには、家の近くなのに、家が分からずに時間がかかってしまった。また、遅れそうなときには、いつになったら来るのか心配をかけたと思う。

 

車を止めるところがない

自家用車で家庭訪問を行った。校区の端から端まで走ると、車でも10分ほどかかってしまう。さらに車を止めるところがない。太い道なら路上駐車もしてしまうのだが、一台しか通ることのできない道ではそれもできない。せっかく家が見つかっても、車を止めることができるところを探さなければならない。

 

家庭訪問もずいぶん形が変わった。たった数分のために仕事を休んでもらうのも気が引ける。玄関先で保護者と話をすることがほとんどだった。保護者の方がいろいろ話したいようだった。どのような家庭なのか知ることが目的だが、実際には子供のことしか興味がない。